私のうつ最短回復ストーリー
【体験談】My Story

目次

【うつ予防の小さなヒント】根深い“夏の疲れ”
vol.26
11/20
UP

【うつ予防の小さなヒント】根深い“夏の疲れ”

カレンダーもあと2枚。11月に入ると、かすかに冬の気配も感じるようになります。 ちょうど私が休職に入ったのが2年前の11月。この季節、早い夕暮れや冷たい風に、そこはかとない心細さを感じていたことを思い出します ...

続きを読む
【うつ予防の小さなヒント】不安がわいたら1秒ルール
vol.25
11/13
UP

【うつ予防の小さなヒント】不安がわいたら1秒ルール

うつ状態を経験してから2年。この間に、下園先生の「感情ケアプログラム」を通じて、「感情」の仕組み、取り扱い方について学んできました。 辛かったあの状態に2度と戻りたくない、その一心で学んできたのですが、最近、 ...

続きを読む
もう一つ、おまけ。下園壮太先生も村上春樹も同じことをしていた!という話
vol.24
10/23
UP

もう一つ、おまけ。下園壮太先生も村上春樹も同じことをしていた!という話

原稿をお手伝いした『人間関係の疲れをとる技術』(朝日新書)もおかげさまで、売れ行き好調とのこと。ホッと胸をなで下ろしているところですが、この仕事を通じて、「なるほどねー」と思うことがありましたので、ちょっと書 ...

続きを読む
おまけのおまけの話
vol.23
9/13
UP

おまけのおまけの話

最後にこのページを更新してから、気づいたら、1年半以上が経ちました。 この間に、身近な人はもちろん、しばらく連絡を取っていなかった友人知人、そして間接的なつながりの方も含めて、本当にたくさんの人からメールや連 ...

続きを読む
おまけの話
vol.22
1/23
UP

おまけの話

Sさんに「うーん、さすがの過剰不安ですね〜」とほめられた(?)ことがあります。今となっては恥ずかしい話で気が進まないのですが、「参考になる人もいるから、ぜひ書いて!」と下園先生からの勧めもあり、勇気を出して報 ...

続きを読む
先生は何を見ていた?
vol.21
1/16
UP

先生は何を見ていた?

こうして、私は、リハビリ期のカウンセリングを「卒業」しました。半年で終わったのは、下園先生のキャリアの中で、正真正銘の“最短コース”。体調は、最悪のときに比べて、確かに元気になりました。でも耳のつまりは残存。 ...

続きを読む
最後のカウンセリング
vol.20
1/9
UP

最後のカウンセリング

少しずつ季節は春へ。「自分を甘やかしていいタイミングですよ」。この言葉に従って、私は家族の用事以外は極力外し、のんびりと日々を過ごしていました。そして、4月中旬。「うまく行くならば、この日が最後のカウンセリン ...

続きを読む
耳鳴りの言い分
vol.19
1/2
UP

耳鳴りの言い分

うつ状態は、人によってあらゆる身体の不調が出るそうですが、私の場合は「耳のつまり」。これが一つのサインでした。 8月以来、風邪をひいたときやダイビングのときのように、「耳抜きが出来ないような感じ」「耳の中でフ ...

続きを読む
それでも「飛行は順調です」
vol.18
12/26
UP

それでも「飛行は順調です」

いつもカウンセリングのあとは、何かしら希望が見えて、前向きな気持ちになります。ところが、今回ばかりは、重苦しさから脱出しそこなってしまいました。 耳の調子は相変わらず悪く、なぜか目をつむると、右耳の奥に「ジジ ...

続きを読む
嫌な夢は”吉兆”
vol.17
12/19
UP

嫌な夢は”吉兆”

3月、5回目のカウンセリング。 どよーんとした私と対照的に、下園先生は「昨日はテニスだったんだよ」と、日焼けした笑顔で現れました。Sさんも一緒に、この日は、今回の落ち込みをかなり緻密に分析してくれました。 ま ...

続きを読む